3階建仕様一覧

2×4(ツーバイフォー)工法

2×4(ツーバイフォー)工法

19世紀初め、北米の開拓時代に生まれた建築技術、2×4(ツーバイフォー)工法。広い北米大陸には、高温多湿、寒冷や多雪など多様な気候が混在します。そんな過酷な条件に耐え、生活を守る高い性能を実現したのが2×4(ツーバイフォー)工法でした。現在ではヨーロッパ、オーストラリア、ニュージーランドなど北米以外でも高く評価され、いまや国際的な住宅工法として世界中で広く普及している工法です。
日本では枠組壁工法とも呼ばれ、構造用パネルで床・壁・屋根を構成して建物を支えます。面構造を基本にした6面体ができあがると家全体が強いモノコック構造(一体構造)となり、極めて強固な剛性を持ち、特に地震に対しての強さに定評のある工法です。また、パネルで隙間無く施工されることで気密性に優れ、断熱性が高く、省エネルギー効果の高い工法です。
規格化された木材を使用し、マニュアル化された工程や品質管理で、現場の大工さんによって建物の品質のばらつきが少ないのも特徴の一つです。

システムキッチン(タカラスタンダード製)

標準設備

・人造大理石カウンター

・人造大理石シンク

・ホーロー製キッチンパネル

・食器洗い乾燥機

・フルスライド収納(ソフトクローズ機構)

・浄水器内臓ハンドシャワー水栓

・吊戸棚付き

浴室(TOTO製)

標準設備

・ユニットバス1坪タイプ

・魔法びん浴槽

・カラリ床

・換気乾燥暖房機

・12型ワイドTV付

・エアインシャワー

・スクエア水栓

洗面化粧台(タカラスタンダード製)

標準設備

・人造大理石ハイバックカウンター

・2段収納スライドキャビネット

・3面鏡(全面収納タイプ)

・くもり止め

・シングルレバー式シャワー水栓

 

※分譲地によって、仕様及びサイズ・形状が変わる場合があります。

電話をかける