構造躯体保証

瑕疵が見つかった場合には、住宅事業者が無料で直さなければなりません。
【瑕疵担保責任】住宅事業者は保険に加入したり、保証金を預けておくことで、万が一、住宅事業者が倒産した場合でも、瑕疵(欠陥)を直すための費用を確保することが義務付 けられています。

住宅の構造体力上主要な部分と、雨水の侵入を防止する部分 です。

住宅の欠陥を直す費用をまかなうための保険です。
加入手続きは住宅事業者が行いますので、消費者が特に手続きする必要はありません。通常は住宅事業者が保険金を受け取って、欠陥を直しますが、倒産等で住宅事業者が直せない場合には、消費者が直接受け取れます。

「住宅かし保険」は、国土交通大臣から指定された住宅専門の保険会社が引き受けます。
「住宅かし保険」に申し込んでいる新築住宅は、工事中に専門の検査員による検査が行われます。
保険の内容については契約時に住宅事業者からの説明や書面の交付があります。
欠陥を修理するための工事代金以外にも、修理のための調査費用や、工事中の仮住まいの費用、引越代なども含まれます。
建物お引渡しの際に保険の証明書として「保険付保証明書」をお渡しします。保険期間は引渡し日から10年間です。
トラブルの際に紛争処理制度(あっせん、調停、仲裁)が利用できます。申請手数料は別途必要になります。
紛争処理を行うのは「紛争処理審査会」です。相談や専門家による面談は「住宅紛争処理支援センター」でも行っております。

 

10年目の定期点検および必要な有償メンテナンスを行った場合に限り、保証期間をさらに10年間延長するシステムです。

【主な有償メンテナンス項目】
・屋根及び外壁の洗浄と塗装・・・約63万円~
・窓周りコーキング防水・・・・・・・・・約10万円~
・バルコニー防水・・・・・・・・・・・・・・約8万円~
※建物28坪程度の目安金額であり、大きさ、形状、近隣状況によって変動します。

電話をかける